◇2019年度 特別集会




講演:「神の喜ぶささげもの」(2019年度テーマ)

講師: 伊藤 暢人 先生  (※聖書宣教会)

日時: 2019年9月29日(日)

   礼拝メッセージ 10時30分~  「主の前に受け入れられるように」

                         レビ記 1章1節~9節

      講  演    13時~    「まじわりのいけにえ」

                         レビ記 3章1節~5節

                             7章12節~16節

                            申命記 12章7節、12節、18節

       

 

   旧約時代、神に受け入れられるささげものとは、どのようなものであったので

 しょうか。聖なる神様に受け入れてもらうためには、神様が言うとおりにささげる

 ことが求められていました。

  現代の教会において、礼拝、賛美、教会の活動、伝道、献金など、神様にささげる

 ための多くのことがあります。

  この特別集会で神様に喜ばれるささげものについて学び、私たちの教会生活が、

 主に喜ばれる歩みとなっているのかどうか、考えてみたいと思います。

 

伊藤 暢人先生

(いとう のぶひと)

(宗)聖書宣教会 教師

       教務主任 

  永福キリスト教会牧師

 

 

 

1970年、神奈川県横浜市に生まれる。高校生のときにhi-b.a.を通してクリスチャンになる。1989年に日本福音キリスト教会連合横浜緑園キリスト教会にて受洗。

 

早稲田大学卒業。横浜市役所に8年間勤務。2005年に聖書宣教会を卒業し、日本福音キリスト教会連合の湘南ライフタウンキリスト教会で12年間伝道牧会に携わる。現在は、同連合の永福キリスト教会牧師。

 

また、2009年より聖書宣教会の教師となる。現在は教務主任も務める。担当科目は、ヘブル語、旧約釈義、旧約研究、旧約各書(レビ記)など。「聖書 新改訳2017」の改訂にも翻訳編集委員として参加。

 

訳書「コンサイス聖書歴史地図」が近日刊行予定。

家族は妻と一男二女。趣味はプロ野球観戦と自転車。

 

  ※聖書宣教会は、「聖書は誤りのない神のことば」

 との信仰に立ち、聖書の原語(ヘブル語・ギリシャ語)

 による釈義に力を入れている神学校です。旧、新約聖

 書66巻全体から神のみことばを聞き取り伝える人材の

 養成に力を入れています。日本の福音派を代表する

 神学校の一つです。


2013年~2018年の学びをご紹介します。

「礼拝を知る」

      2013年度

講師:鞭木由行先生(聖書宣教会)

礼拝メッセージ:「きょう、御声を」

           詩篇95篇

講義:「教会が専念すべきこと」

    使徒の働き2:37~42

 

「霊的成長とは」

      2016年度

講師:鞭木由行先生(聖書宣教会)

礼拝メッセージ:「成熟をめざして」

        へブル5:11~6:3

講義:「あなたがたを育成するもの」

        使徒の働き20:32

 

「主に仕える」

       2014年度

講師:赤坂 泉先生(聖書宣教会)

礼拝メッセージ:「主に仕える」

        ローマ12:1~13

講義:「主に仕えること~その本質と

    拡がり」  ローマ14:18

「み言葉に聞くとは

       2017年度

講師:津村俊夫先生(聖書宣教会)

礼拝メッセージ:「心を尽くして主により

               たのめ」

        箴言3:5~10

講義:「人の願いと神の計画」

    Ⅰサムエル記1章(ハンナ)

     13章1~15(サウル)

     15章1~31(サウル)

    Ⅱサムエル記

      7章1~16(ダビデ)   

「福音を伝える」

       2015年度

講師:伊藤暢人先生(聖書宣教会)

礼拝メッセージ:「福音は神の力」

         ローマ1:16

講義「なぜキリストの福音でなければ

           なら ないのか」

                       ローマ1:14~17

「み言葉に生きる」

       2018年度

講師:赤坂 泉先生(聖書宣教会)

礼拝メッセージ:「神のみこころに生きる

           ようになるため」

    ペテロの手紙第一 4:7~11

講義:「みことばに生きるペテロ、そし

            てわたしたち」